読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

科学の甲子園出場!

科学





1週間ぶりの更新です。



昨日、広島県教育センターにて、広島県科学オリンピックが開催されました。



そこで、僕達の高校がなんと優勝し、全国大会「科学の甲子園」に

出場が決定しました!



最初は1月下旬に1次予選が行われました。



僕は物理分野での出場をしていたのですが、1次試験は物理分野なのに

計算もほとんどなく、無事通過しました。

(まさかホイートストンブリッジがそのまま出るとは思わなかった…)







昨日は、午前中に各分野の2次試験が行われ、午後に各学校によるチーム競技が行われました。



正直な話、午前中の実験試験はもう絶望的でした…

普段から物理の実験なんてほとんどしていなくて、1週間前に物理第2チャレンジの

実技問題を見て、オシロスコープを触った方がいいな…と思って

オシロスコープの使い方だけ覚えて挑んでしまいました。



問題自体は、金属塊(まあ見た目からして明らかに鉄でしたけど…)の比熱を

自分で実験を考えて求めなさいっていう課題。

やり方はすぐに思いついたけれど、手際がよくなくて、終了15分前から実験レポートの

作成開始。

見事に時間に間に合わず…。



しかも、熱量計の容量が負の値になり万事休す…。たぶん符号かなんかを間違えたんだと

思いますが、焦っていたので間違った場所がわからず…。

その後に求めた比熱が理論値に近いのも相まって、更に怪しい。



結局、各分野の個人賞は、高2の5人の中で一人だけ逃してしまいました…。無念。







午後のチーム競技は、チーム6人で「何をやるんだろう…」と不安になりながら大研修室に

入ったところ…



お題「最も長く回転する円錐振り子を作ろう!」



なにこれw 完全に物理なんですけどww



ルールは簡単!

各学校のテーブル上に置いてある棒、おもり2号、糸1m、テープ1m、厚紙2枚と

カッター×3、はさみ×3で円錐振り子を作れ!

勿論持参物(筆箱も含め)は使用禁止。

制限時間は70分。質量は棒とおもりを除いて40gまで。



ただし!

テーブル上に置いてある6分野(物理・生物・化学・地学・数学・情報)の計6問を解くと、

1問正解につき追加パーツが貰えるよ!(最大6つまで)



とりあえず、初期のパーツだけでは振り子の土台はおろか、糸を棒に留めることすら

ままならないので、追加パーツは必須。



問題の追加パーツは…

・ろうそく×1

・テープ1m×3

・糸1m

・磁石2つ

・カーペット鋲×1

・割り箸×2膳

・楊枝

・ビーズ

・おもり1号

・おもり3号

等々…



なんだこれ…。ろうそくって何よ?



糸を棒に留めるためには、おそらく鋲は必須。土台は…割り箸でいいんじゃね?



とまあ、まずはみんな必死でオプション問題を解く作業に。

ところが、数学・情報・化学・地学はチャンスが1回のみ。間違えると解答権没収。

そんな中、うちの数学のエースが問題を瞬殺して解答しに行ったところ…



不正解!?



オプションは最大6個しか手に入れられないのに、解答権を一つでも没収されると相当な痛手。

みんな落ち込んでいたら…



実は正解だった!?



なんか、運営側の解答が間違っていたらしいです。しっかりしてくださいよ。

冷や汗かいたじゃないですか。







その後は、僕が地学の問題をやってみたり、生物の後輩が物理の問題をやってみたりで

オプション問題は5つも正解できました!

分野を越えた協力は不可欠でしたね…。



そしてなんとか振り子模型の製作を終え、いざ勝負。



「え…割り箸で土台を作ったの、うちだけなんですけど…」



みんな厚紙で作ってんじゃん。寧ろそっちの発想がなかったよ。



しかし、安定性を求めるため、5つのオプションのうち2つも割り箸につかい、

土台を4脚にした!きっと大丈夫。



結果:17秒



2位と1秒差をつけて辛勝しました…!

最終的には棒に糸を巻きつけて回し始める等、回し方にも工夫を凝らし始めました。

ルール上は問題ないらしくて。



でも、リーダーが振り子を回し始める瞬間はとても緊張しました。

ここ最近で、一番楽しかった思い出になったと思います。








昨日の様子がすでにYouTubeに上がっていました。

こんな感じでした。なぜ岡山と広島だけ登場している?







うーん、科学の甲子園には筑駒も出てるんだよな…強敵。

なんとか勝つためには、この1カ月、必死で実技を鍛えなければいけなさそう。



その前に、来週は修学旅行。2/22〜25まで4日間、沖縄に行ってきます。

それから考えよう。